初心者の方でも楽しめるジョギングの方法やジョギングを始めることで得られるさまざまなメリットや効果を紹介しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

美しいランニングフォーム

巷でランニングやジョギングをしている人を観ていると、実に
人それぞれさまざまなフォームで走っているのが分かります。

私たちは速く走るわけでもなく、細かいフォームにこだわる
必要はありませんが、できれば美しいフォームで走ってみたい
ものです。

一般的に美しいランニングフォームというのは、いわゆる
「腰高」と言われるフォームです。

腰高とは走っている時に、腰を高い位置に保ち、腰を入れて
走るスタイルです。
腰高は大きなフォームを作り出し、見た目とてもかっこいい
です。また身体の軸がぶれず、脚にも負担がかかりません。

逆に腰の位置が低いと、かっこ悪いだけではなく身体が前に
傾いて腰や膝に負担がかかります。

腰高のフォームをつくるためには、上半身は背筋を伸ばして
ややあごを引きます。目線は常に高く保つように意識して重心
を高く保つ様にします。

また骨盤の上に上半身がしっかり乗るようなイメージをつくり
ます。下半身はひざの動きを柔らかくして足の曲げ伸ばしを
スムーズに行うことです。

そして身体の重心がみぞおちにあるような意識をして、みぞおち
周辺から前にひっぱられて走るイメージをします。

腰高フォームを行うには、腹筋と背筋を鍛えることが重要と
言われています。

その他かっこよく走るためには、ペースはゆっくりでも、動きは
シャープにきびきびと走る事です。

フォームが安定して美しいフォームが出来上がると、走りも
安定して無駄が無くなります。

その結果疲れ難くなり長く走ることも可能となります。


スポンサーサイト

2011/01/08 ジョギングの基礎知識 トラックバック:0 コメント:2

心拍計とは

自分で指を当てて心拍数をはかることは正確性において限界が
あります。

心拍計は心拍数、スピード、走った距離、消費カロリーなどが確認
出来るスグレモノです。モチベーションアップにも役立ちます。

胸部に装着したセンサーから信号を送り、手首に着けた腕時計
のようなレシーバーに表示・記憶されるタイプのものが多いです。

中でもポラール心拍計 は人気の高い心拍計です。ポラール社は
心拍計開発のパイオニアで、世界の大勢のアスリート・運動愛好家
に使われています。

たくさんの種類があるので、自分の欲しい機能や自分に合ったものを
選べます。


2011/01/07 ジョギングの目標心拍数 トラックバック:0 コメント:0

目標心拍数

ジョギングなどの有酸素運動は、比較的軽い運動強度で
長い時間続けることが効果的です。

でも運動強度が弱すぎても、思ったような効果はなかなか
得られません。

ではどうしたら最適な運動強度をつかむことができるのでしょうか?

1つの目安として目標心拍数というのがあります。
心拍数とは1分間に心臓が拍動する回数を言い、運動する時の
理想の心拍数を目標心拍数と言います。

目標心拍数は以下の計算式で求められます。
{(220-年齢)-安静時心拍数}x運動強度(%)+安静時心拍数
 
(220-年齢)というのは、最大心拍数です。
運動強度は50%~60%ぐらいで計算するといいでしょう。



もう一つの方法はもっと簡単です。
目標心拍数=(220-年齢)X0.6~0.7

例)40歳の場合
目標心拍数=(220-40)X0.7=126

一般的に言われているのは、ダイエットに適した目標心拍数は
最大心拍数の50%~65%、持久力を付けるのに適した目標心拍数
は最大心拍数の60%~85%ということらしいです。

また運動経験などにもよりますが、若い人は少し高めに、年配の人は
少し低めに設定するのが良いでしょう。

心拍数のはかり方は、手首の内側または頚動脈に指を軽く当てて
10秒間数えます。それを6倍します。心拍計を使用すると正確に
はかることが出来ます。


以上のように運動強度は心拍数ととても深い関係にあります。
運動強度は強すぎると健康によくないし、弱すぎても効果がありま
せん。
自分の目標心拍数を知り、効果的な運動を行っていきたいものです。


2011/01/06 ジョギングの目標心拍数 トラックバック:0 コメント:0

大事な大事な水分補給

ジョギングの前後、最中も水分を十分補充しましょう。
特に夏は脱水症状になりやすいです。
こまめに水分補給するよう心がけましょう。


2010/12/14 ジョギングのポイント トラックバック:0 コメント:0

マイペースが大事

ジョギングはあくまでもマイペースで行いましょう。
ゆっくり走ることによって、運動も長く続けられます。

またダイエットにおいても、このゆっくりぐらいの心拍数(最大
心拍数の50%~65%くらい)が最も脂肪燃焼に適している
速さと言われています。

心拍数が110~120くらいが良さそうです。
心拍数が130以上になると、おしゃべりをしながら・・・というには
ややきつくなってくる数値で、ジョギングというよりもランニングの
はじめとされる数値です。

ジョギングはあくまでも、おしゃべりが出来る程度のゆっくりペース
です。無理をして怪我をしては、本末転倒です。
健康のためにジョギングをしているのですから。


2010/12/13 ジョギングのポイント トラックバック:0 コメント:0


| HOME |

| このページの上へ |» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。