スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

美しいランニングフォーム

巷でランニングやジョギングをしている人を観ていると、実に
人それぞれさまざまなフォームで走っているのが分かります。

私たちは速く走るわけでもなく、細かいフォームにこだわる
必要はありませんが、できれば美しいフォームで走ってみたい
ものです。

一般的に美しいランニングフォームというのは、いわゆる
「腰高」と言われるフォームです。

腰高とは走っている時に、腰を高い位置に保ち、腰を入れて
走るスタイルです。
腰高は大きなフォームを作り出し、見た目とてもかっこいい
です。また身体の軸がぶれず、脚にも負担がかかりません。

逆に腰の位置が低いと、かっこ悪いだけではなく身体が前に
傾いて腰や膝に負担がかかります。

腰高のフォームをつくるためには、上半身は背筋を伸ばして
ややあごを引きます。目線は常に高く保つように意識して重心
を高く保つ様にします。

また骨盤の上に上半身がしっかり乗るようなイメージをつくり
ます。下半身はひざの動きを柔らかくして足の曲げ伸ばしを
スムーズに行うことです。

そして身体の重心がみぞおちにあるような意識をして、みぞおち
周辺から前にひっぱられて走るイメージをします。

腰高フォームを行うには、腹筋と背筋を鍛えることが重要と
言われています。

その他かっこよく走るためには、ペースはゆっくりでも、動きは
シャープにきびきびと走る事です。

フォームが安定して美しいフォームが出来上がると、走りも
安定して無駄が無くなります。

その結果疲れ難くなり長く走ることも可能となります。


スポンサーサイト


2011/01/08 ジョギングの基礎知識 トラックバック:0 コメント:2


このコメントは管理者の承認待ちです

2012年11月30日 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2013年01月24日 編集












管理者にだけ公開する

| HOME | 心拍計とは >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。