スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2つの走法


(1)ストライド走法
歩幅を広げて走るやり方。歩幅が広い分前に進みますが、
  身体に掛かる負担は大きい。筋力が必要になってきます。

(2)ピッチ走法
  自分に合った歩幅をキープし、足を踏み出す回数を多くする
  走り方。
  筋肉に掛かる負担が少ない走法と言えます。
  私たち初心者にも適した走法です。


2010/12/12 ジョギングのポイント トラックバック:0 コメント:0

ジョギングの基本フォーム

(1)基本姿勢は背筋をしっかり伸ばして胸を張ります。
   (肩甲骨を中央に寄せるようにして胸を開きます)

(2)上体は腰の上にしっかり乗っているようなイメージです。
腹筋を使うよう意識をして上半身を真っ直ぐに保ち、身体が
ブレないようにします。
  (腰は高い位置で保ち、腰を入れるようなイメージ)

(3)上体はリラックスさせます。(肩の力を抜きます)

(4)顔はまっすぐ進行方向に向け、目線はまっすぐ前方を
   みつめるような感じにします。

(5)出来る限り重心を高く保ちながら走るように意識します。
身体の重心がみぞおち周辺にあるイメージを持ちます。

(6)手は軽く握りこぶしを作るぐらいにします。

(7)ワキを軽くしめ、腕を90度に曲げて振ります。
(8)腕は全体を振るというより、肘を中心に腕を前後にリズミカル
  に動かしながら走ります。イメージ的には肘を後ろに引くことを
  意識する感じです。

(9)脚は付け根から前方に振り出すようにします。
膝も前方に出すようにします。上に引き上げる必要はありません。

(10)着地は、重心の真下に足がくるようにします。足の真上に上半身
   がまっすぐ乗っているようなイメージです。
   足裏の着地部分としては基本的には、かかとの部分で着地し
   その後親指のつけ根で地面を押して走ります。(すばやく重心を
   前に移動させます)

跳ねるように走る人もいますが、スタミナをロスしやすいので
出来る限り上下動のブレが無いように注意します。腰と頭の位置を
水平にキープするようにするといいでしょう。


2010/12/11 ジョギングのポイント トラックバック:0 コメント:0

ランナーズハイ

走っている最中に苦しさがいつしかやわらぎ、むしろ快感と
感じる現象を言います。

これは、脳内麻薬物質の作用によって、苦痛が生じると、
体を麻痺させる目的で、私たちの体自身が脳や他の臓器
で麻薬の一種をたくさん作り始めるそうです。
人間の身体ってすごいんです!!


2010/12/10 ジョギングの基礎知識 トラックバック:0 コメント:0

LSD

Long Slow Distance の略です。
ゆっくりと長時間、走り続けることです。

長時間走り続けることによって筋肉の持続性や内臓の疲労
に対する抵抗力、耐久性の向上を図ります。

LSDを行うことによって心肺機能を高め、最大酸素摂取量を
向上させることが出来ます。

普段自分が走るペースよりもさらにゆっくりのスピードで、
出来れば1時間以上走るのが理想です。


2010/12/09 ジョギングの基礎知識 トラックバック:0 コメント:0

ペース走

一定の距離を同じ速度で走り続けるトレーニングで、最も
基本的なトレーニングです。

初心者には心肺機能の向上、上級者にはペース感覚を身に
付けることが出来ます。


2010/12/09 ジョギングの基礎知識 トラックバック:0 コメント:0


| HOME |

前のページ« | このページの上へ |» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。